融資とは?

そもそもですが融資とはなんでしょうか。
お金をある機関から個人や法人などにお金を貸すことが 融資であるといってしまえばそれまでですが、
なぜ融資が必要なのでしょうということを猿でもわかる風に考えてみたい と思います。

世の中はお金がないとなにもできない

今の世の中お金がなければ何もできません。
勿論キャッシングをしなくても人生がうまくいっている人も
いますし、キャッシングをしなくていいのであればそれに
越したことはありません。

前提として「融資」はお金が必要な人に貸してくれる
ということになりますね。

ですが、ほとんどの業者はお金は世の中で信頼できる人にしか
貸しません。信頼できる人でないとお金が帰ってくるかわからないからです。
貸す側もお金が必要です。貸したお金が全く返ってこなかったら
貸す側も倒産してしまいますからね。
ですから当然な話ではありますが、融資は貸す側と借りる側の信頼関係による
金貸しと言えるかと思います。キャッシングもローンも基本的に この考え方でお金を貸して
くれるということは間違いありません。

業者によって審査は違う

ただ根本的な考え方でも業者によって審査基準はそれぞれ異なるでしょう。
共通している点は先ほどの信頼がある人ということになりますが、
信頼とは今の言葉でいうと「安定した収入がある方」ということになります。
または「正社員」「勤続3年以上」という信頼は今のキャッシングサービス提供元に
とっては非常に大きな信用となるでしょう。
是非、信用のある人になりましょう。